人生2度目の体験しました。 マンモ当日。

いつもありがとうございます。



なんと、わたしの人生2度目の挑戦シリーズが


立て続けに公式ハッシュタグランクイン!



みなさま、お読みくださりありがとうございます✨






前回の続き です。


嫌なものは嫌だ



という葛藤を抱きつつ


ボディートーク療法のパフォーマンスセッション



を、セットして


いざ、検診当日…。



どうせ検診受けるなら、朝イチがいいと思ってしまうのはわたしだけでしょうか…💦💦💦💦



悲しいかな、検診受付は13:15〜。



検診後の自分がどうなるか、皆目検討もつかなかったので


午前中のうちに出来る事務仕事などは済ませ


ご飯なんてテイクアウトすれば良いし!?



早お昼を済ませ


保健センターに向かいました。



受付に行くと


いるわいるわの大繁盛‼️‼️‼️


成人している幅広い方々が大勢おられました。



わたしは今回、自治体のクーポンを使って受けたので費用は一切かかりませんでした💴



無料で受けられるから…というのもあるとは思いますが



一人ひとりが、健康を守る意識を持って検診日に参加してることに感動しました✊



受付と問診表を記入して


特記事項には

過去のマンモグラフィー検診で、あまりの痛さに気を失ってしまった

と記入。


問診の看護師さんに、どのくらいそれが辛かったかを話しました。


話しながら

「ああ、こんなにも嫌だった感情があったのか」と我ながら俯瞰していたら


急に気持ちが軽くなってきまして



パフォーマンスセッション!!


を、まず持って実感✊



そして、自分の番です。


ごめんください… と、検診カーに入ると


もう、慈悲深い女神様にしか見えない技師さん達💕


技「松岡さん、過去にマンモグラフィーでお辛かったことがあったんですね〜」

由「ええ…とても」

技「前回受けた時よりも性能が上がってますから、痛みや苦痛なども前よりは少ないかと思いますよ。でも、痛みには個人差がありますから、痛かったり体調が変だったら遠慮なく言ってくださいね」


由「痛み入ります…」



そして、検診独特のビミョーな格好になり


いざ、技師さんがあれよあれよと作業をしてくださいます。


イタタタタタタタタ




まだ検査に入ってないのに激痛😫😫😫😫



それでも乗りかかった船は降りるわけにいかぬ。



技師さんも、一生懸命励ましてくださり


技「松岡さーん、楽に呼吸はできますか?」


由(か細い声で)
「できませぇん…なので、撮影中は黙ってるので直前まで何か喋らせといてくださぁ…い」


技「息を止めると脳貧血起こすかもしれないので、ギリギリまでおしゃべりしましょうね〜そばにいますからね〜」


もう、↑この段階で感無量😭😭😭


そんなこんなを繰り返し(左右の縦横撮影で、計4回挟まれ)


終わりました🌀🌀🌀🌀🌀



その時びっくり



もちろん胸は痛くて仕方ないのですが


前回の時のような、気づいたら処置ベッドということもなく

椅子に座ることもなく

クラクラしてしゃがみこむこともなく

痛みこそあれど、無事に終了…



技「大変ご苦労様でした、もう終わりましてデータもきちんと撮れましたので終わりです。お辛かったと思いますが、検診を受けてくださりありがとうございました」




由「何をおっしゃいます、みなさんのお支えが無かったらできませんでした…痛み入ります…」





この間、25分くらい。


ちなみに検診カーは、2人同時に撮影ができるのですが


わたしが人の倍検診に時間を要したので、後の方2人くらいまで、となりの検診室で受けておられました。

(きっと痛い痛いと騒いだと思います…)


無事に検診が終わり帰路に🚗





そしてその後、第2弾の出来事が待っておりました…😨


つづきます💦💦

Lieto 〜BodyTalk Room〜

群馬県吉岡町にある、BodyTalk療法でこころとからだをつなぐプライベートサロンです。

0コメント

  • 1000 / 1000